パラスタープラス犬用の嬉しい三つ3つのすごい効果 | ハートガードプラスフィラリア予防レボリューションノミダニ駆除効果比較

パラスタープラス犬用の嬉しい三つ3つのすごい効果

2019.9.19|ノミ・ダニ駆除


parastar-plus パラスタープラス犬用
パラスタープラスはノバルティスから発売されている犬用のノミ・マダニ・シラミ駆除薬です。

 

犬の寄生虫の中でも厄介者だと思ってしまうノミ。
一度寄生してしまうと大繁殖をしてしまうので大変ですよね。
特に家の中で繁殖されてしまうと最悪なのです。

 

ノミはぴょんぴょんと飛び回るほか、ものすごく隠れるのがうまいのです。
タンスの後ろや、テレビの後ろ。チクっと刺してはまた逃げます。
気づくとベッドや布団の中にまで侵入しています。

 

椅子に座っていて、足が刺されると小さなビー玉を付けているかのように腫れたことも。
このかゆみは尋常ではなく、跡が消えずに一か月以上続くものもありました。
これ飼い犬の体にくっついて室内に入ってしまったか、どこかの隙間から一緒に家に入ってしまったか。
どちらでも絶対に、ノミを室内に入れないようにするためにノミよけが必要です。

 

繁殖してしまったらノミ取りシートも必須ですが、一番は根気が必要でした。
ついノミダニの駆除について語ってしまいましたが、
今回は素晴らしいパラスタープラスの魅力を具体的に3つ、
お伝えしたいと思います。

パラスタープラスの優れた利点とは?

パラスタープラスとは、ノバルティス社が製造する犬専用のノミ、マダニ、シラミの駆除薬です。

1、滴下タイプの外用薬で即効性と持続性が期待できる
滴下タイプなので、使用後は約5分から一時間ほどで殺虫を開始。
30日の間ノミ、マダニ、シラミを駆除。

有効成分:フィプロニル 9.8%, シフェノトリン 5.2%.

 

2、駆虫されるダニが媒介する感染症
ダニが媒介する感染症は多いです。
ライム病、ロッキー山紅斑熱、エールリヒア症、バベシア症、アナプラズマ症、ヘパトゾーン症
どれもこれもうつりたくはないですね。

 

3、哺乳類には毒性を示さないので、安全性にも優れる。
ノミや、マダニのような節足動物にのみ作用する。

 

シラミがついたという話はあまり聞きませんが、まれに大流行することがあります。
保護犬などの場合はイヌハジラミがいることもあるようです。
犬のシラミは人にはうつることはないそうです。

しかし、被毛に顔をうずめたりして誤って口に入ってしまうと大変です。
条虫に感染してしまうこともあるので寄生されないように対策するべきですね。

 

人のシラミの場合は主に子供同士で繁殖してしまうという話です。
親にも子供からうつることがあるので、血を吸われて頭が相当かゆくなるようですね。
似て非なるものですが注意したいものです。

パラスタープラスの使用上で注意したい点は?

パラスタープラスは使用するにあたって、注意点があります。

まず、12週齢以上の子犬から成犬まで使用できます。それ以下の子犬には使用できません。

また製品により使用できる体重が違います。小型犬用、中型犬、大型犬用があります。

猫には絶対に使わないようにしましょう。犬に使った後は24時間以上は一緒に遊ばせてはいけません。

猫が薬剤をなめてしまったら獣医師に相談するしかありません。

 

高齢犬、衰弱しているまたは妊娠中 の犬への使用は慎重にとのことですが、避けたほうが無難ですね。

 

パラスタープラスの価格はどこが安い?

価格については、うさパラが一番安いです。

いくつか販売している通販サイトを見ましたが、随分と価格差があるようです。

送料も無料なので、うさパラが一番購入しやすいですね。

>>パラスタープラス(犬用)はこちら<<


この記事にコメント

トラックバックURL