ミルプラゾンはプラジクアンテル含有なのでエキノコックス症に


ペットを飼っている人は何らかの寄生虫駆除を行っています。
寄生虫という枠にひとまとめにされがちですがまた、細かく分けると種類も様々です。

寄生虫とは「体表や体内に生息することで宿主から栄養分を吸収する」という、病原体の生存の手段に着目した呼び方です。
動物の体表や体内に生息するだけでなく、宿主から栄養を吸収するなど害をもたらします。

ノミやダニのように病原体を運ぶ役割のものもいれば、病原体そのもののウイルスや細菌。
真菌(カビ)や原虫と言う目に見えにくいもののほうが多いですね。
これらは内部寄生虫と呼ばれています。

もしも、これらの寄生虫が目に見えたとしたら、生きにくい世の中になっているでしょうね。
まるでホラーの世界のように:(;゙゚”ω゚”):

ノミやダニのように皮膚の外に害を及ぼすものは、虫よけなどを使えばある程度は忌避することが出来ます。

しかし、最近やウイルス、真菌、、原虫の場合には別の方法をとらなければなりません。
薬を飲んで退治するというとても簡単な方法ですね。
風邪をひいたときのように、薬を飲んで寄生虫をやっつけて体から追い出すのです。

体のなかに寄生しているのなら、特に問題ないと考える人はいないと思います。
内部寄生虫の宿主となってしまうと、体のなかで寄生虫が増えるどころか、体に害を及ぼすからです。

また内部寄生虫は人間に感染するものもあり、それらの感染症を人獣共通感染症(ズーノーシス)と言います。
特にです。
エキノコックス(多包条虫)は人間にとって命に係わる危険な寄生虫

エキノコックスのおもな媒介ルートは、エキノコックスに感染しているキツネのフンや、エキノコックスに感染しているネズミを食べることにあります。

きつね

フンなんて触ることが無いと思いますが、何かの拍子に触ってしまうことも考えられます。
感染力のある卵が付着している食べ物と一緒に口から入る、排泄物に触れた手から卵が体内に入る。そんな危険性があるのです。

そのため、野外では草の実や山菜をそのまま食べないこと、良く手を洗うこと、動物には触れないこと。
そういった注意が必要なのです。

人獣共通感染症(ズーノーシス)の予防に駆虫薬が必要な理由は人にも感染の恐れがあるからなのです。
エキノコックスに感染してしまうと症状は、すぐには出ないそうです。
潜伏期間が10~15年と長く、発症したら肝機能障害による黄疸が出て最悪死に至る💦
気付いたときには(切除)手術をする以外の方法はないとのことです。

北海道のキツネが主な感染源とされています。
しかし、2005年には埼玉で、2014年には愛知県で犬のふんからエキノコックスが発見されているとのこと。
北海道から遠く離れた都心だったとしても知らないうちに、感染ルートが広がり身近になっている場合もあります。

※※とにかく病原体には触れないことが重要なのです!!※※

感染した犬を連れての旅行であったり、感染力のある卵が土やホコリと混ざり荷物と一緒に運ばれるということも考えられます。
でも、エキノコックスも寄生虫駆除をしっかりと行えば感染の危機は少なくなりそうそんな気はしますよね。

エキノコックスの感染を防ぐにはプラジクアンテルという成分が有効です。
この成分が入った寄生虫の駆除薬も手に入れることが出来ます。
なので、そこまで怖がる必要はないと思いますが感染の予防を続けることは必要です。

予防薬のミルプラゾンにはプラジクアンテルという瓜実条虫、条虫(エキノコックス)の駆除が行える成分が入っています。

ミルプラゾンを使用することで、飼い犬や他の犬から危険な寄生虫の感染を防ぐことが出来ます。
しっかり対策をすることで、ペットへの寄生やペットからの飼い主さんへの感染を防ぐことにつながります。
予防をしておくことで新たな感染源とならないようにすることも出来るのです。

>>ミルプラゾンの購入サイトはこちら<<

人獣共通感染症(ズーノーシス)は怖いと感じます。
しかしちゃんとしたケアを行えばそんなに畏怖しなくても大丈夫!
内部寄生虫の駆除の必要性が少しでも理解されたらうれしいです。
最後までお読みいただきありがとうございます。


コメント

タイトルとURLをコピーしました