蚊が飛ぶのは15度から35度以下の気温が適温?それって本当なの? | ハートガードプラスフィラリア予防レボリューションノミダニ駆除効果比較

蚊が飛ぶのは15度から35度以下の気温が適温?それって本当なの?

2018.7.22|犬の病気や健康 犬フィラリア予防





1.異常気象2018年とっても熱い猛暑の理由


暑すぎて犬もぐったりしてしまいます。
猛暑・酷暑いろいろと言われますが異常な気温ですよね。
何でも高気圧が2つ重なっているため、偏西風がいつもより高い位置を通っているため日本に偏西風が入ってこないのだとか・・・。


高気圧の影響って各地に響く猛暑にもなってしまうんですね。
なので連日30度以上の真夏日なのですね。
それは暑すぎます。歩くだけで体中から汗が吹き出しているような感じです。
関節は特に滴り落ちるほど汗をかきます。


いままでは電車に乗るときは弱冷房車を選んでいたのですが、暑すぎるため普通車両に乗るようにしています。
それでも汗が引くのは結構時間がかかります。


テレビなどでは連日、猛暑の警報が出ています。熱中症で病院へ運ばれる人も多いですね。
本当に豆に水分や塩分を体に取り入れていかないと倒れてしまう可能性が高くなってしまいます。
中でも塩分は水分を体に取り入れるのに必要な成分なのだとか。
汗と一緒に塩分は流れていってしまうため夏は塩飴や塩分を多めに取り入れたほうが良いですね。


健康体なのに減塩をしている人は特に気をつけたほうが良いです。
長年減塩生活を続けてしまうと体が塩分を受け付けなくなってしまうそうです。
そうなると猛暑のような日には体の塩分が少なくなって倒れる確率も高くなってしまいそうです。
塩分も体には必要なので取り過ぎなければ悪いものではありません。


救急搬送は過去最多の3091件だそうです。
また明日からも気温の上昇に伴いこの人数は増えていくと思います。


犬や猫は専用の餌を与えていれば塩分や栄養は補給できますので、人と同じように塩分を与える必要はないと思います。
しかし人の手足をよく舐めるようであれば体に塩分が足りないのだそうです。


なので水で5倍ほどに薄めたポカリスエットを飲ませると熱中症状を和らげてくれるようです。
薄める水は軟水のもののほうが良いです。硬水だとミネラル分が多いため尿路結石になる心配があるからです。
またポカリスエットなどの飲み物には糖分が多いので水で薄める必要があるのです。

2.蚊が寄ってくるのは血が美味しいから?この話はウソです。

汗をかくとニオイで蚊が寄ってくるということを、どこかで聞いたことはありませんか?
何でこの話は半分あっていて半分はハズレのようです。
蚊が寄ってくるニオイは汗ではなく足などにいる常在菌が発しているニオイなのですって。
モスキート王子の田上くんの実験はすごいですよね。
汗を拭くよりも除菌や殺菌をしたほうが、蚊が寄ってくる確率は下がるようです。


もちろん虫除けスプレーやシートを使うのも蚊が寄ってこなくなります。


人の足の臭いを蚊が嗅ぐと交尾をしてメスが卵を生むために血を吸うのですって。
これ蚊の研究をしている高校生の人が発見したそうです。
自宅で7000匹も蚊を飼っているそうです。信じられません。


また肌の水分量が多い人のほうが刺される回数も多いのだとか。
若い人や子供がよく蚊に刺されて、お年寄りになるほど刺されにくいというのはそういうことなのですね。
お風呂上がりは超しっとりしてるので蚊にはさされやすいという実験をしていました。


またお酢のニオイも蚊が嫌うそうです。
山椒の匂いも嫌がるようですよ。



犬の場合は人とは違うと思いますが蚊が寄ってこないように フリーアウェイの虫除けタブレットを食べさせたほうが良いのかもしれません。
フリ―アウェイ虫除けタブレットは人間が認識できない臭気を放つのでノミやダニ蚊が寄ってこなくなるそうです。


蚊が飛んでくるのは嫌なものです。研究している人はそうではないようですけれど。
蚊が好きっていうのは変わっていますよね。

3.蚊が飛ぶのは15度から35度以下の気温が適温?それって本当なの?

蚊の生体でよく知られているのは気温が高くなると活動するということです。
それは15度以上と言われています。


でも気温が高すぎると蚊も飛ぶのは控えるようです。
暑すぎる日には葉っぱなどの裏に隠れているのでしょうね。
早朝や35度を上回っている午後には蚊によく刺されてしまうようなところを通っても刺されることがありません。
本当に暑すぎる夏に蚊が飛ばないものです。


ちょっと木陰の場所だと蚊が飛んでいたりします。その時は刺されてしまうので虫除けは必要です。
夕方を過ぎても気温は33度前後だったりします。
でも日中と比べて日光はでていません。
夜の闇に紛れて蚊は飛び出します。


なので夕方の散歩には虫除けが必要です。
まだ暑いこともあり腕や足などの露出している部分は刺されやすいです。
玄関の扉やベランダも出入りをしたのなら、蚊取り線香や、スプレー式の殺虫剤をまくのも虫刺され予防には良いですね。
夕方散歩に行かれるのなら虫除けはしっかりとしていったほうが良いですね。


>>食べる虫除けフリーアウェイの虫除けタブレットはこちら





トラックバックURL