猫の予防薬は備えあれば憂いなし!


備えあれば患いなしと昔から言ったものです。ペットを飼ううえでも万が一のことが起こらないように病気や怪我に備えておく必要はあります。
もちろん猫ちゃんの病気予防についても知っておく必要があります。

猫のあくび

猫はフィラリアにかかからない!?
そう思っている人はどれぐらいいるのでしょうか?
いままでに猫ちゃんがフィラリアになったなんて聞いたことはありませんよね。
実は、ほとんどお話に聞くことがないだけで猫ちゃんもフィラリアにかかってしまうことがあるのです。
これはあまり知られていないようなのですが、真実なのです。

猫ちゃんがフィラリアに感染してしまう条件とは?
猫ちゃんが一歩も外に出ることがなく、室内だけで生活をしていたらほとんどの感染症は防げるといいます。

猫ちゃんがフィラリアにかかってしまう条件にはこのようなものがあります。

  • 近所にフィラリアにかかっている犬がいる
  • 猫ちゃんがほとんど外で生活をしている
  • とても蚊が多く刺されやすい環境がある
  • フィラリアの予防を何もしていない

フィラリアは犬だけの感染症だと思われていましたが、近年では身体の小さな猫でもフィラリアに感染してしまうことが知られるようになりました。
もしも、当てはまるようなことがのならフィラリアの予防をしておいたほうが良いといえます。

なぜなら、猫ちゃんがフィラリアになったとしても症状が出ることがほとんどありません。
また、陰性検査を行ってもフィラリアが一匹だけしかいない場合には正しい結果が出るとは限らないからなのです。
犬と違ってとても判断が難しいといわれています。
そして、突然猫ちゃんが死んでしまったとしても解剖することもないためフィラリア症だったとしてもほぼ気づかれることがありません。

ふぇーくしょん!!!

もしも、猫ちゃんがフィラリアに感染してしまった場合には、咳やくしゃみなどの症状が出ます。
しかしながら、ネコ風邪と思われてしまうことで発見が遅くなってしまいます。
また、嘔吐が見られた場合でも、「体調が悪い、毛玉の吐き戻し」などと勘違いされてしまいそうです。
猫の体調が悪いからと言って、フィラリアを疑うことはないかもしれませんが100%フィラリアにかかることがないとは言えないのです。

そして、外猫でも家猫でもフィラリアにかかるパーセンテージは同じなのです。
猫ちゃんのフィラリア予防はしておいてたほうが良いといえます。

そのためにはストロングホールドという主成分はセラメクチンのマクロライド系駆虫薬がいいでしょう。
ノミやノミの成虫、ミミヒゼンダニの寄生も防いでくれます。

>>猫用ストロングホールドはこちら<<

また猫ちゃんの体調を脅かすのはフィラリアだけではありません。感染症を運んでくるノミやダニも見逃せません。
マダニが持つSFTS(重症熱性血小板減少症候群)が猫に感染してしまうことで、人にも二次感染を起こしてしまう可能性も見過ごせません。

マダニが媒介している「SFTS(重症熱性血小板減少症候群)」に感染してしまった猫に、人が噛まれて亡くなったと厚生労働省が発表しています。
猫ちゃんが何も予防をしていない場合には感染経路となってしまうことがあるのです。
SFTS(重症熱性血小板減少症候群)になってしまった場合は対処療法のみで治療をすることが出来ません。

そのため、マダニを駆除してくれる予防薬は注目を浴びているのです。それがストロングホールドや、フロントラインプラスになります。
月に一回の予防で約一か月もの間マダニやノミから身を守ってくれるのです。
猫ちゃんも、飼い主さんも安心して過ごすためには予防薬を使うことは必要ですね。

>>フロントラインプラス猫用はこちら<<

猫ちゃんが吐いた!?内部寄生虫対策にはこれ

猫ちゃんがうんちをしたときや、ヘアボールを吐き出したときに、にょろにょろとしたイトミミズのようなものを発見した場合には寄生虫の可能性が考えられます。
にょろにょろとしたイトミミズのようなものは内部寄生虫や猫回虫と言われています。この寄生虫は猫ちゃんの糞便に卵を産み付けているため、感染している猫ちゃんからうつる可能性が非常に高いです。

感染してしまっている猫ちゃんの駆虫も出来ればいいのですが、外猫の場合にはどのネコが感染源であるのかはわかりにくいといえます。
万が一感染してしまった場合には、自分のネコちゃんだけでも駆虫をする必要があります。

猫ちゃんの回虫は人にも感染してしまうサナダムシもいますので、回虫を見つけた場合には早めの駆虫薬が必要ですね。
専用の駆虫薬にはドロンタールが飲ませやすいので人気です。

>>ドロンタールキャットはこちら<<


タイトルとURLをコピーしました