犬の予防薬はどうやって決めたらいいのか?


個人輸入をするといろいろな予防薬があるものだと感心してしまいます。
目的のもの以外も「おすすめ」とか「類似品」という感じで見ることがありますよね。
良いのかな?と思う反面、使ったことがないものは買う気が起きにくいものです。

でもときには心の中がざわざわとして、
(今使っているもので本当に良いのかな?)
(他のもののほうが成分がいいのではないだろうか?)
(成分は同じなのにこっちのほうが安い・・・。)

と色々と気になってしまうものです。

気になってしまうと、いろいろなレビューや口コミサイトを覘いてしまうもので、
時間ばかりが過ぎてしまうこともあります。
(もうこれでいいよね・・・。)
自分で決めては見たものの納得度は低かったりします。

購入したものが初めて届いてから、
こういうものだったんだ!
と気づくことがあります。すると、

(あんなに悩んだのに・・・)
(なんだ、こんなことなら早く頼めばよかった・・・)

と思うことが意外と多かったりするものです。
そのあとに思い返してみると、頼むまでに悩んでいた日にちや
時間に対してロスをしていると感じてしまうものです。

どうしてすぐに「これにしよう!」と決められないのかというと理由があります。
自分の中で情報がしっかりと固定され、イメージ化をすることが出来ないので
口コミやレビューを読んでもぼんやりとした感じにしかとらえられていないからなのです。
優柔不断と思いがちですが、違うのです。かなり慎重なんです。

それもそのはず、「失敗した!選ぶの間違えた!!」なんて思いたくはないからです。

実際に使うまでは本当に良いのかどうかなんて分かりにくいですからね。
なので、自分は何を求めているのかをはっきりさせたほうがイイのです。

たとえば、室内犬だから気になるのはダニがほとんど。という場合には、
5月頃から12月ぐらいまでフロントラインか、ジェネリックのアムフリーコンボを使えばいいと思います。

フィラリア予防もしなくては!という場合には、
レボリューションやネクスガードスペクトラがベストだと思います。

アレもこれもとたくさんの薬を飲んでしまうよりは、目的をはっきりさせたほうが良いです。
これからの季節何が必要なのか?
まずここをしっかりと把握することです。

また、愛犬の年令によってはライフスタイルの変化があります。
老犬(老年期)になってくると関節や歯の歯周病なども気になってきます。
歯磨きを豆にしたり、グルコサミンなどのサプリメントを与えるなど
健康維持をすることも考えていくといった感じです。

一度くらいは愛犬のLIFEスタルについて、
これから何が必要になってくるのかを考えたほうが良いですよ。

あわせて読みたい記事はこちら
犬が病気になってしまう理由の1つに〇〇があります

愛犬が最後の日をむかえるまでのこと


コメント

タイトルとURLをコピーしました