液体歯磨きリーバスリーで犬の口臭をおだやかに

犬の口 健康な歯に/デンタルケア

昔に比べて豊かになった現代では、ペットの食生活などの環境も大きく変化しました。
栄養が豊富で、食べやすいフードとなった分、虫歯や歯周病になるペットも多くなってきているそうです。
そういえば、なんだかうちの犬の口が臭い!生臭いような魚臭いような?腐ったようなにおいがする・・・。

ここで忘れてはならないのが、ペットの歯の健康なのです。
食後の歯磨きをちゃんとしていますか?
放っておいたら、臭いにおいがするだけではなくなりますよ。

犬や猫ペットののデンタルケアは必要なの?その理由とは?

ペットのデンタルケアは必要ない、面倒なものと思ってしまうと、ペットたちは思わぬ健康被害に遭うことになります。
まず最初に、口腔内環境が悪化しやすくなります。歯垢や歯石がたまりやすくなり、口臭がひどくなるのです。

口臭は、歯についた汚れが主な原因です。
臭いと感じてしまう臭いは、食べかすの腐敗臭なのです。

食べかすをほおっておくと、ベタベタとした歯垢となり、二日ほどで歯石となって取れにくくなってしまいます。
なんだか歯が茶色いと思ったら、歯石がたまっているのかもしれません。

歯石とは、唾液中のカルシウムなどが歯垢に沈着して、石のように固くなり、こびりついたものをいいます。 上の奥歯の外側や、下の前歯の内側などは特に歯石がつきやすい場所です。

歯石は日常の歯みがきでは取り除けないため、病院での除去が必要です。

歯石を発生させないためには、「いかに歯垢になる前に除去出来るか」が大事なのです。

また、歯茎に歯垢や歯石がたまると、年齢とともに歯周病にかかりやすくなります。
歯周病が悪化することにより、歯茎の腫れや下垂、歯のぐらつきが起こるようになります。
歯がぐらつくようになると、固い餌を食べることはできません。最悪の場合、歯が抜けてしまうことでしょう。

歯茎の痛みがあると、カリカリと噛みごたえのあるフードは食べづらいものになってしまいます。
歯の周辺の痛みは、食欲がなくなる原因にもなってしまいます。

デンタルケアを怠ると、すぐに虫歯になってしまうということではありませんが、小さな虫歯が出来たり、徐々に虫歯になりやすい歯になってしまうのです。

そのため、食事後のブラッシングや、ガムなどの歯磨きは重要なのです。

わたしたち人間も歯を磨かないと口の中がベタベタして、口臭がひどくなってしまいます。
そのうち歯石が出来て、歯のエナメルが解けて虫歯となってしまうのです。
歯磨きや、歯の隙間の食べかすをフロスで毎日取り除くことで、ツルツルな歯となり、口臭を気にすることはなくなります。
ツルツルの歯になると、口の中の粘着きや、ざらつきがすぐにわかるようになります。

ワンちゃんは鼻が良いから、自分の口臭をどう思っているのでしょう。

リーバスリー(LEBA3)は犬の歯石除去におすすめって本当?

液体歯磨リーバスリーLEBA3 (リーバスリー) は、ペット用の液体歯磨きです。

口内環境のバランスや、歯の健康を最善にすることを考えて作られています。
使用を継続することで、健康な歯へと導きます。

LEBA3 (リーバスリー) は、直接口内にスプレーすることが出来るため、使いやすいと評判です。

一日二回ほど、舌に直接スプレーをします。スプレーした液が、唾液と混ざり、口腔内に広がり、歯垢を予防してくれます。

口コミでは、口臭が減ったという意見が多いです。
きっと、歯についた食べかすが落ちやすくなっているのでしょうね。

しかし、舌にスプレーすることに驚いてしまう犬猫もいます。
付属のスポイトもあるので、びっくりしない方法で歯垢の予防をしましょう。
また高齢犬になってからでは、歯磨きの習慣は身につきにくいものです。
子犬の頃から慣れさせることが出来たらいいですね。

また、食事の後は必ず水を飲ませるなどの工夫をすることで、歯の食べかすが取れやすくなります。
もちろん、食事の後のブラッシングをしてあげることで、口臭はもっと臭わなくなるのです。

>>リーバスリーはこちら<<

コメント

タイトルとURLをコピーしました