マダニ感染症は怖い。フロントラインで予防対策


駐車場が草ぼうぼう

マダニの感染症は秋も注意

マダニは犬から人へ飛び移ることがあるそうです。
そうでなくっても、草地の多いところはダニが生息しています。

ルイくんも、遊んでいる途中に突然、首をしきりに
パタパタパタパタとふり耳をかいていたので

どうしたのかしら?と思って体中をよーく調べてみたら・・・
黒くて小さなダニが全身についていました。

(@ ̄□ ̄@;)あららら大変だわッ。
フロントラインを使わなくっちゃ!!

となったことがあります。

>>フロントラインはこちら<<

体中にうようようようよ蠢く小さな黒い点。(@ ̄□ ̄@;)

水で洗ってもなかなか落ちていきません。

もう100メートルを20秒台で走るランナー状態で
犬ともどもダッシュで近くの動物病院に駆け込みました。

ええ。そんなにはやくは走れませんから(笑)

すぐにフロントラインプラスでダニの駆除を
してもらったことがあります。

フロントラインのお陰でルイくんは、
だんだんと落ちつきを取り戻してパタパタしなくなりました。
ダニ退治は成功したようです。(●´ω`●)安心しました。

それからは毎月欠かさずフロントラインプラスを使っています。

2013年ごろネットやニュースでも見たことがあるかもしれませんが
マダニはウイルスを保有しています。

マダニは皮膚に頭を埋めるように血を吸うため
無理に取ろうとしてしまうと、
頭だけが皮膚の中に残ってしまったり

マダニの体液が自分の体内に
入ってしまうこともある
そうです。

検索画像を見たりしても(;´∀`)ちょっと怖すぎます。

ぎょへ~

ってなりますよ絶対に。

自然の多い森林などのレジャー施設や
アウトドアに行かれる方は注意が必要と言われています。

各都道府県内でもマダニが発見されたところは
ホームページで呼びかけています。

重症熱性血小板減少症候群に
かかってしまう可能性があると言われています。

また、マダニはライム病の感染源ともなっているようです。
症状はかなり重いようです。

厚生労働省の方でも呼びかけていますので、
1回くらいはホームページを見て確認したほうがいいと思います。

ダニやノミだけではなく、マダニも生活環境の中にも
存在しているので駆除対策が必要なのです。
そのためにはフロントラインプラスが欠かせません。

>>フロントラインプラスはこちら<<

まとめ記事>>犬のノミにレボリューション最安値はこちら


コメント

  1. […] ペットの>>ノミ・マダニ<<まとめページはこちら >>ノミ・マダニまとめはこちら […]

タイトルとURLをコピーしました