フィラリア予防薬医薬部外品

フィラリア 内部寄生虫

ペットには寄生虫がつきものだと
考えると納得することがあると思います。

マダニやノミ、フィラリア原虫、
ダニ、回虫などの寄生虫。

どれだけいるのだろう??というぐらいです。

寄生虫の数は日本でも200種以上になるのだとか。
本屋さんのパソコンで調べると
隅っこの方に置いてあったりします。

全部の寄生虫に出逢うことは
研究している方以外にないと思いますが、
「気をつけたほうが良いよ」
という寄生虫はいます。

それは人畜共通の感染症を引き起こす寄生虫です。
動物から人に感染りやすいと言われていますので
ペットに感染させないことで、
人に感染る危険性も減らすことが出来ます。

ヤフーの知恵袋を見ても
寄生虫を駆除するにはどうしたら良いのか?
というトピックをたまに見ます。

Yahooでの質問

フィラリアなどの予防薬をネットで
購入するとかなり安いと聞いたことがあります。

それに対する回答はどのようなものだったのかというと

病院でのお値段の1/3~1/6で購入できますよ。
購入して18回与えていますが何も問題無いです。

ここでの回答されているように
個人輸入での購入はかなりの節約にもなります。

毎年5万円使っていた予防薬の代金が、1万円になったとしたら
どれだけ他のことにも使うことが出来ますか?
ちょっと考えてみてください。

浮いた4万円で旅行にいくことも、
好きな服を買うことも、引っ越しの資金にすることも出来てしまいます。

>>フィラリア予防薬が購入できるサイトはこちらです<<


他にも考えてみると、ペットがもし高齢になったときに
もっと大きな病気をしてしまった時のために貯金をすることも出来ますよね。

動物が病気になってしまった時の金額はとても高いものです。
自分たちが病気になってしまった時もそうだと思いますが、
一年間のレシートや領収証を計算してみると7万円から10万円を超えることもあります。
家計簿をつけていると「高いなぁ・・・」と思うことがあると思います。

事故や大きな病気の場合はもっと治療費がかかってしまいます。
家計簿をつけていないと何に使ったのか覚えていないと思いますが(^_^;)

かなりの節約になることは間違いありません。

また、レボリューションやハートガード、ネクスガードスペクトラなどの
フィラリア予防薬を通販で購入してペットに与える前には
動物病院で獣医師の方に診てもらうのは必要なことです。

診察を受けてフィラリアに感染していないことがわかれば、
翌月からは、個人輸入の通販で購入した薬を与えても特に問題はありません。

ただし、持病や何かの病気の治療をしている場合は
動物病院へ行くことも必要です。検査は自宅では出来ませんからね。

>>フィラリア予防薬についてはこちら<<

>>フィラリア予防薬まとめはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました