フィラリア予防にはチュアブルタイプの経口薬ネクスガードスペクトラ

ペット薬まとめ

毎月行っているフィラリアの予防には
チュアブルタイプのお薬が使いやすいです。

お肉のようなチュアブルの中にお薬が入っているので、
猫も犬もパクっと食べてくれるんです。

フィラリア予防薬には何種類かあります。
レボリューショや、ハートガード、ストロングホールド
パラノミス、ネクスガードなど。
犬用と猫用があります。

ネクスガードスペクトラやネクスガードは
犬用の予防薬のシリーズです。

メリアル社のネクスガードは、なかなか優秀です。
我がまま放題のうちの子にもぴったりなのです。(笑)

従来のネクスガードに新たにミルベマイシンオキシムという
難しい名前の成分が追加されたことで、
フィラリアを予防する効果が加わったのです。
これってなかなかパワフルなことですよね。

ノミも8時間のうちに駆除。
マダニだって48時間以内に駆除してしまうのです。

たったの一粒を愛犬が食べるだけで
フィラリアや回虫も予防してくれるので、
なかなか便利なのです。

ピペットタイプのお薬に比べると、
二日間はシャワーをしてはいけないといった制約がありません。
ピペットタイプだと上手く使えないという人もいますが、
食べてくれるタイプのお薬なら苦手はありませんよね。

こんなに便利な予防薬は他にはないと思いますよ。

>>ネクスガード大型犬用はこちら<<

まとめ記事>>猫用ノミダニ駆除レボリューションはこちら

コメント

  1. […] Mix breeds with any of the above 上記の混合犬はどれでもMDR1遺伝子を体内に持っています。 Max’s Tip: Dogs can be affected by the MDR1 gene whether they are purebred or mixed bred. 彼らが純血種であるか、混合犬として育てられてかどうかにかかわらず、 犬はMDR1遺伝子に影響を受けることがあります。 MDR1遺伝子とは? 血管壁にあり、脳に危険な薬物や毒物が 入り込まないようにコントロールしている遺伝子。 MDR1遺伝子は脳のバリアーシステムである。 これが働かない、または欠如している場合は 薬による副作用を起こしやすい場合があるとのことです。 牧羊犬種(コリー系)は、このMDR1遺伝子を受け継いでいます。 この働きがあまり上手くないのでイベルメクチンより モキシデックのほうが安全性が高いと言われています。 Heartgardカルドメックチュアブルにはイベルメクチンが配合されています。 プロハートProHeartはモキシデックを主成分としています。 もしも、コリー犬種を飼われていて心配があるのなら フィラリア予防のお薬はプロハートのほうがいいのではないでしょうか? 私の家の犬は、どう見てもコリー犬種ではないのでハートガードを使っています。 滅多に副作用が出ることはないと思いますけどね(^_^;) まだ9月なので引き続き予防薬が必要です。 先ほど室内にヒトスジシマカが飛んでいました(汗) >>ハートガードはこちら<< 関連記事 フィラリア予防ネクスガード評判効果 […]

タイトルとURLをコピーしました