ハートガードプラス/カルドメック | ハートガードプラスフィラリア予防レボリューションノミダニ駆除効果比較

ハートガードプラス/カルドメック

2013.8.12|犬フィラリア予防 ハートガードプラス




知らなかったハートガードプラスとカルドメックPは同じ薬だった

夏になる前には必ずフィラリア症の予防を行います。
病院ではカルドメックチュアブルPを処方されるという方も多いのではないでしょうか?


このカルドメックチュアブルPはフィラリアの原虫を駆除する薬です。
フィラリア原虫が成虫になる前に駆除して寄生を予防するものです。
またお腹の中に寄生する回虫も同時に駆除してくれます。


ハートガードプラスはカルドメックチュアブルと同様にフィラリアやおなかの虫の駆除を行います。
与える期間も一ヶ月に一回と同じです。また製造メーカーも同じです。
薬の成分も同じようにイベルメクチンとパモ酸ピランテルが使用されています。
テクスチャーもお肉に近いということから、大きさやパッケージ以外はほぼ同じと言われています。

>>ハートガードプラスはこちら<<

100%薬で予防できる犬のフィラリア症とは?知って無知とおさらば!



フィラリアとは糸状の寄生虫です。蚊に刺されることで感染の危険が高まります。
病原体を運ぶ蚊が感染のもととなっているのです。


フィラリアは主に犬の血管内に住みつき成長すると最大で30センチほどの大きさになります。
感染すると風邪のような咳などの呼吸器の異常症状がおこります。


フィラリアの成虫の寿命は3年ほどですが体内で繁殖するため、自然に治るということはありません。
重い症状になるとお腹に水がたまる腹水や血液の流れがとどこおる血液の慢性的循環障害が起こります。
血液の循環が滞るため、酸素や栄養がうまく運ばれなくなってしまうのです。


フィラリアの原虫(感染幼虫)が体内の筋肉などで成長し心臓に住み着く前に薬で駆除する必要があります。
犬の体内に侵入したフィラリアは薬による予防はほぼ100%可能といわれています。


予防薬は、感染そのものを防ぐものではありません。
フィラリアの原虫(感染幼虫)が筋肉などで発育している間に駆除するものです。
フィラリアが成虫になってしまったあとは駆除することは難しいのです。
そのため定期的に予防を行う必要があるのです。


蚊に刺されることで、蚊が体内に保有していた細菌や、病原体、寄生虫の幼体を運ぶことは昔から言われています。
あたたかい季節になったら、蚊に刺されないように対策を講じるべきです。


フィラリア症は、フィラリアに感染した蚊に刺されることで犬が感染する確率が多く
猫やフェレットなどの動物にもフィラリアは感染することがあります。


※※※フィラリアの予防薬を与える前には獣医師によるフィラリアの陰性検査が必要です。※※※
フィラリアに感染していた場合に、薬を飲ませると重篤な症状や副作用を起こす恐れがあります。


>>ハートガードプラスはこちら<<

安すぎる!ハートガードプラスはフィラリアだけの予防薬ではない!回虫もしっかり駆除!



予防薬の成分の入ったハートガードプラスはチュアブルタイプ6個入りで毎月一回食べさせるだけの予防薬です。
与えるのが簡単なお薬なのですが、フィラリア予防だけの薬だと思ったら大間違いです。


おなかの虫も退治してくれるのです。


おなかの虫と言っても、空腹時にグーグーなるようなお腹の虫は退治してはくれませんが【腸内に住み着く悪い虫】を退治してくれるのです。
おなかに住み着く悪い虫は、回虫(かいちゅう)・鉤虫(こうちゅう)・鞭虫(べんちゅう)・瓜実条虫(うりざねじょうちゅう)など。


おなかの虫はけっこう種類が多いものです。おなかの虫は腸の中にいて腸から直接栄養を取っているのです。
また腸内で血液を吸うタイプもいるのです。
このようなおなかの虫に腸内で栄養をとられてしまうと体調を崩してしまいます。
そのためおなかの虫は駆除したほうが良いのです。


ハートガードプラスは、フィラリアだけでなくおなかの虫も退治してくれるのですね。
生まれたばかりの子犬に与えることはできませんが、離乳食が終わる6週以降から与えることが出来ます。


ハートガードプラスは小型犬・中型犬・大型犬用の種類があります。
生まれて6週以降の子犬は小型犬用になりますね。
詳しくは動物病院で診察を受けてお医者さんの指示に従いましょう。


ハートガードプラスは月に一回定期的に与えます。
食べない時や丸呑みをしてしまう場合は半分に割ったり砕いてから食べさせます。


私が利用している通販のうさパラは一個からの購入でも送料無料なので、嬉しい限り。
こんなに利用しやすいのならもっと早くに知っていたかったと思います。


>>ハートガードプラスはこちら<<


知らなかったハートガードプラスがこんなに安く買えるなんて驚き!


ハートガードプラスはどこで手に入るのかと言ったら海外です。
海外から個人輸入をするのです。とても安くなるので驚きです。


海外といっても個人輸入代行サイトを利用するので「外国語が分からない」や「パスポートが無い」などの心配はいらないのでご安心を。
個人輸入代行は通販のような感じで、注文した商品を海外から送ってくれるのです。


ネットショッピングのように品物を選んで支払いを済ませたら、十日前後で自宅に届きます。
そのため面倒な手続きは一切必要ありません。


しかし個人輸入をはじめる場合には注意したいことがあります。
個人輸入は自分で使う必要な分を輸入することが出来ます。
ただし、購入したものは他人に譲渡したり売ることは禁じられています。




ハートガードプラスを個人輸入すると、ハートガードプラスの購入価格だけなので安く感じます。


病院へ行けばフィラリア予防に必要な血液検査を行ってくれます。そしてお薬も処方してくれます。
検査がある分高く感じてしまうかもしれませんが、病院での検査もフィラリアの予防には欠かせません。
もしもフィラリア症にかかってしまっていたら、薬を飲ませるのは危険だからです。


フィラリアの予防をする前に必ず病院で検査を行うのは、安心して予防薬を飲ませるためです。
検査のあとは一か月か二か月分の予防薬を処方してもらい、あとは個人輸入をするのも良いですよね。


>>ハートガードプラスはこちら<<




あわせて読みたい記事はこちら

ハートガードプラスには種類があります。
ハートガードプラス小型犬用



フィラリア以外にも予防をしたいのはノミダニのほうかもしれませんよね。
ノミダニは駆除しないと大変!!といいますので必要なものは揃えたほうが良いでしょうね。
犬のフィラリア予防、ノミマダニ 駆除薬全種類が最安値!




コメント一覧

この記事にコメント

トラックバックURL