わんこ と わたし 犬と人との生活ブログ | ハートガードプラスフィラリア予防レボリューションノミダニ駆除効果比較

わんこ と わたし 犬と人との生活ブログ


こんにちは。
わんこ と わたし 犬と人との生活ブログに訪れていただいてありがとうございます。
このブログではわんことの暮らしについて日々思うことを書いています。


あなたは犬や猫、ハムスターやリス、小鳥や金魚やカメなど
いままでに何かしらの動物を飼ったことがありましたか?
もしかしたら、これから飼おうとしているかもしれませんね(*^^*)


大昔と言ってもいいくらい小さなころは、カブトムシが家にいました。
もちろん幼虫のカブトムシもいました。
友達の家には、ミドリガメやザリガニもいたような気がします。
文鳥や十姉妹、ウサギなどもいました。
昔から愛されている動物たちはいまも昔も変わらないように思います。


いまの時代と違って、猫は家の外でよく見かけました。
犬も、首輪をつけて一匹で散歩をしている子もいました。
猫は誰が飼っているのかもわからないけれど、餌を与えているおばちゃんは昔から存在していました。
でも、猫の譲渡会を行ったり、野良猫の不妊手術をしたりする人は当時はいなかったと思います。
自分のうちで生まれた子犬や子猫の飼い主を募集している人はいました。


犬は犬で、自由に出歩くことが出来たのは脱走している子だけだったと思います。
特に家で飼っていた小さめの中型犬はリードが外れて大脱走!
何度でも嬉々として走っていきました。
ちょっとだけ脱走するのは楽しい冒険だったのかもしれません。


帰って来るときは申し訳なさそうに。
怒られたりすることを恐れているように。
落ち込んだような顔で帰ってきて玄関の前で待っていました。
そして、すごすごと小屋に入って水を飲んでご飯を食べていました。


わたしの家にいた犬は近くに海や川がなかったから毎日退屈をしていたのかも。
草ぼうぼうの空き地はありましたが入りたそうでも遊ばせることは出来ませんでした。
空き地といえど、誰かの土地ですから勝手に入ることはできません。
また雑草が背丈よりも高く到底人が入れるような場所ではありませんでした。


きっと大脱走をしたときは草ぼうぼうの場所も行っていたのかもしれません。
気付くと被毛にはノミをいくつもぶら下げていました。
今のようにノミ取り薬もそんなにいいものはありませんでしたから。
フロントラインなんて無かったのですよ。


昔もドッグランのようなたくさん走り回れるような環境があったらもっと良かったのかもしれません。
そうしたら、お散歩以外でも楽しみがあったと思うのです。もっと走り回りたかったかもしれません。
そして毎年のことですが、フィラリアや狂犬病の注射は痛かったと思います。
今と違って昔は、痛くない怖くないフィラリア予防の薬なんてのもありませんでした。


注射のような痛い思いをしない予防方法はないのかな?
そんなものは当時はありませんでした。


今ではおいしく食べられるフィラリア予防薬や、ノミダニの駆除薬があります。
怖いどころがとっても楽しみにしていたりします。


痛い思いや、怖い思いをしなくてもしっかりと予防が出来てわんこにもハッピーな瞬間を。


わんこ と わたし 犬と人との生活ブログ は、こんな思いから生まれました。



>>痛くない!怖くない!ワンコもハッピー予防薬<<