がん疼痛にトラマドールジェネリック(Toramatas)50mg | ハートガードプラスフィラリア予防レボリューションノミダニ駆除効果比較

がん疼痛にトラマドールジェネリック(Toramatas)50mg

2018.6.1|トラマドールジェネリック 関節炎・鎮痛剤



トラマドールジェネリックは、がん疼痛・慢性疼痛の治療薬。
犬・猫の非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)では妨げられない痛みなどに使用します。


家族の一員であるペットのつらい痛み。
その痛みが続くことによって、痛みに対する不安からストレスになり、
食欲不振になってしまうなど様々な弊害が出てきます。
そのような不安やストレスを鎮痛作用により穏やかにします。。

★有効成分トラマドールについて
脳内の痛みに関与する部位(オピオイド受容体)に結合することで、痛みの伝導を抑制します。
NSAIDsではコントロールできない痛み(がんや慢性の強い痛み)を鎮痛する薬です。


愛犬がガンと診断されたときって、ショックのほうが大きいと思います。
目に見える怪我ならいつそうなったのかを知ることができますが、ガンとなると話は別です。
健康診断でも発見できないこともあります。

(どこかで気づいていたら、こうなってはいなかったのかもしれない・・・。)

どうしてうちの子が??
小さなしこりが大きくなっていることにさえグルーミングのときも気づくことができなかった。
そんな場合もあるかもしれません。


足の付根や関節の部分などもグルーミングのときなどに触ってしこり
ないかどうかを確認したほうが安心です。
もしもしこりのようなものが見つかったのなら、
すぐにでも動物病院へ行くことができます。


ちょっと口から出血をしているのを調べてもらったら
メラノーマという癌だったなんてこともあります。
毎日の体のチェックは欠かすことができないものです。


ガンと診断されたときって、
手術をしたほうがいいのか?食事はどのようにしたらいいのか?など
わからないことが多いものです。また費用の面の心配もありますよね。


家族や先生とどのような治療をしていくのか話し合いが必要です。
症状によっては緩和ケアなどを行ってあげるのもいいですね。


何でもかんでもしてあげたくなる気持ちはわかりますが、やらなくてもいいことだってあるのです。
甘いおやつや体を冷やすことにつながるようなことはがんの進行を早めてしまうと言われています。
食事を変えることは必要性を感じますね。


また、いつもどおりに接してあげることは大切です。飼い主さんの気持ちを察してしまうため
特別扱いをするなどして不安な気持ちやリラックスできない状況を作るのは好ましくありません。


リラックスするために、瞑想やヒーリングを習ってみるのもいいかもしれませんね。
穏やかな気持で接してあげることで愛犬も安心できるというものです。
そしてヒーリングを学んでみたという人のなかにはヒーリングで初期のガンが消えてしまった人もいるようです。


もしかしたら(ということにしておきますけど)飼い主さんの病気を引き受けているのかもしれません。
マイナスの気持ちも病気の元と言われていますので、心を穏やかな方へ導いていくことは大切だと思いますよ。
それができるのは自分自身なのですから。




がんの痛みは、想像ができません。なったことがないとわからないものです。
わからないからと言って、自分ががんになる必要はありません。
気持ちを察してあげましょう。

疼痛というほどですから、呼吸をするだけでもじんじんと痛むのでしょう。
食欲も落ちていきますし、運動をすることも少なくなっていきます。
耐え難い痛みには、疼痛を抑えてくれるお薬を与えることで一時的にでも痛みを和らげてあげることはできます。

うさパラでトラマドールジェネリックの取り扱いが終了しました。でもトラマドールは扱ってます。ジェネリックではありませんがとても安いと思います。




>>トラマドール(Toramatas)50mg はこちら<<









トラックバックURL