猫がノミだらけ⁉駆除するには病院だといくら費用がかかる? | ハートガードプラスフィラリア予防レボリューションノミダニ駆除効果比較

猫がノミだらけ⁉駆除するには病院だといくら費用がかかる?

2017.6.5|猫の話 ノミ・ダニ予防薬 未分類


猫の写真
拾った猫ちゃんノミだらけ・・。

こんな経験はありませんか?
って・・・普通はあんまりないことですよね。


わたしも思い出す限りでは、捨て犬がいたくらいです。
それも、わたしが小学生だった頃、袋小路だった私道の入口に
ダンボールに入れられて捨てられていました。
定番の捨て場所なのかは分かりませんが、子犬が数匹いたのがゴミ捨て場でした。


通学路でもあったため、人通りが多く目立つ場所が
たまたまゴミ捨て場のステッカーが貼られているところでした。


その子犬たちは近所の方が見つけてくれました。(とても目立つ場所ですからね)
捨てられてすぐのようでしたが、やはり一匹くらいは死んでしまったような気がします。


でも、その後は里親さんがすぐに見つかって、
全部引き取られていった思い出があります。
このときは、どこかの自宅から持ってこられたのか捨てられてすぐだったので
ノミやダニはついていませんでした。


猫ちゃんの場合は捨てられてしまったら子猫のうちは
自分で餌を取ったりすることが出来ません。
食べるものがなければ衰弱してしまうでしょう。
(もちろん子犬だって食べ物がなければ死んでしまいます。)


野良猫は「飼い主のいない猫」と定義されています。


捨て犬捨て猫も同じだと思います。飼うことを放棄されているのですから。
哀しいことですね。


なので、もしそんな子猫がいたとしたら
「わたしはこの猫を飼います~!飼いたいです!」
と宣言してもいいと思います。


知り合いは猫を拾って里親をFacebookで探してました。
すぐに里親さんは見つかったようでした。
そのうちの一匹は自宅で飼うことにしたようです。
もちろん去勢手術済み(自腹)です。


猫ちゃんを飼うときはちゃんと家族や同居者と相談してね。
反対されてしまった場合は、ご自分がお住いの地域のNTR
(ボランティア)の方に相談をしてくださいね。
SNSやブログで活動状況を公開されているところもあります。


また、個人のホームページでも猫の飼い方を載せているので参考にするのもいいでしょう。
ホームページによっては、猫トイレの作り方を見ることも出来ます。


さて、猫ちゃんを拾ったら?あなたはどうする?
まず、することと言えば動物のお医者さんに連れて行って健康状態をみてもらいましょう。
元気がない状態かもしれませんし、ノミやダニなどの寄生虫が見つかることもあります。


また、動物病院の血液検査で感染症などの病気が見つかることもあります。
もし先住猫がいた場合には、感染ってしまう場合があります。
なので、感染症の検査は必ず受けたほうがいいです。


検査費用は、初診料(診察料)、検査費用、注射・・・などなどありますね。



猫の初診費用
★診察料……500〜4,000円
★便検査……1,000〜2,000円
★血液検査……3,000〜12000円
★ノミ・ダニの駆除……1,000〜2,000円 (毎月必要となります)
その他
ワクチン 5000円~12,000円(注射の前に血液検査が必要な場合があります)
★去勢手術(オス猫)……10,000〜25,000円
★避妊手術(メス猫)……15,000〜40,000円



一度に行う必要はないと思いますが、獣医さんに確認しながら
必要なものから行うといいでしょう。


また自宅で飼うための準備費用が必要です。
フード代、猫用ベッド、トイレ、ペットシーツ、ブラシ、
爪切り、シャンプーなど必要に応じて揃えていきましょう。


毎月必要となってしまうノミダニの駆除薬は通販サイトで購入ができますので、
12000円から24000円も毎年かかるということはありません。


猫のノミよけにはフロントラインプラスが有名です。二箱買っておけば
毎年10000円しないでノミダニの駆除ができます。


>>フロントラインプラス(猫用)はこちら<<



併せて読みたい記事はこちら

猫のノミ取り薬猫用レボリューションについて


個人輸入の猫用レボリューション最安値





この記事にコメント

トラックバックURL