犬用ミルベマイシンA (MilbemycinA) 2.5mg | ハートガードプラスフィラリア予防レボリューションノミダニ駆除効果比較

犬用ミルベマイシンA (MilbemycinA) 2.5mg

2017.11.20|ミルベマイシンオキシム 犬フィラリア予防 未分類




ミルベマイシンオキシムAは犬のフィラリア予防薬です。
製造元は、ノバルティス車になります。
一箱に6錠入ったお薬です。


一月に1錠与えることで、フィラリア幼虫の駆除をおこないます。
また、フィラリア予防だけではなく犬回虫及び犬鉤虫、犬鞭虫の駆除を行います


フィラリア予防の期間は地域によってバラツキがありますが
蚊の発生終了後一ヶ月後までは飲ませる必要があります。


蚊が発生する季節が4月から9月までなら10月も飲ませます。
予防薬を与えるのは陰性検査をして5月から10月の期間になります。
なので6ヶ月分が必要になりますね。


蚊の発生する期間が5月から11月までなら12月も与えます。
予防薬を与えるのなら陰性検査をして6月から12月までの期間になります。
この場合は7ヶ月分の予防薬が必要となります。
※半年分から7ヶ月分以上ものあいだ予防薬が必要な地域もあります。


フィラリアに感染した蚊に刺されても、どうしてすぐに投与をしないのかというと
ミクロフィラリアが心臓に到達するまでには二ヶ月ほどかかると予測されるからなのです。
なので、その間に検査を済ませて予防薬でミクロフィラリアを駆除することが望ましいのです。


しかし二ヶ月以上たって心臓にミクロフィラリアが届いてしまうと薬を与える意味がありません。
この場合には予防薬を与えてしまうとアナフィラキシーショックなどの異常を起こす場合があります。
そのため、飲ませ忘れをしてしまったリ、予防期間が短い場合には毎年の検査は必要となります。


フィラリア予防の薬は、投与期間が始まってからは毎月同じ日に与えるようにします。
カレンダーやスマフォなどのアラート機能を使って与え忘れをしないようにしましょう。


また予防薬は犬の体重に合わせた量を飲ませます。
この辺は獣医さんと相談しながら最初は決めたほうが良さそうです。


美味しいチュアブルタイプの錠剤の場合、
もっと欲しがる事があるかもしれませんが通常の分量以上に与えないようにしましょう。


ミルベマイシンオキシムは、ほかの予防薬に比べて負担も少なく安心という声も多数あります。
コリー系や、小型犬、アレルギー持ちのワンコまで利用している飼い主の方がいます。


ミルベマイシンは通販だと更に安くて買い求めやすいです。
一番安い通販サイトはうさパラです。
いくつか見て回るとわかると思いますが、ペットの予防薬のサイトは増えているような感じがします。
でも他所は、価格がとても高いのが現状です。知っている人は本当にオトクなんですよ。


ペット薬通販のうさパラはこちらをクリック
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

うさパラタグ




あわせて読みたい記事はこちら
ミルベマイシン チュアブルならインターセプタースペクトラム


ペットの予防薬と個人輸入の利用方法