犬にも花粉症がある?【Vet's+Best】犬用季節性アレルギー緩和チュワブル | ハートガードプラスフィラリア予防レボリューションノミダニ駆除効果比較

犬にも花粉症がある?【Vet’s+Best】犬用季節性アレルギー緩和チュワブル

2016.11.15|犬のアレルギー 未分類


驚きすぎた
びっくりしました!

犬にも花粉によるアレルギーがあったなんて驚きです。


犬だって人と同じで、風邪も引けば病気にだってなります。
でも花粉症があるというのは、はじめて聞きました。


実際に犬も人間と同じように鼻水を垂らしたりすることはないみたいですが
人と比べて、肌が弱くて敏感だと言われています。
実はその敏感な肌に花粉症の症状がでてしまうのです。


愛犬が花粉症かもしれない?
犬の花粉症の症状を見分けるには?


犬の花粉症は皮膚に出やすいとのことです。


主な症状は、体のかゆみなのだそうです。
ワンちゃんは体が痒いと、こんなことをすることがあります。


体をスリスリ~。

う~ん気持ちいい。

トイレで失敗?
手が届かない場所なかゆみが背中や手足の届かない場所だと
体を壁や床にこすりつけ手痒みを紛らわせようとします。
また顔を前足で掻いてしまいます。
すると、目の怪我などをしてしまうことがあります。



また、花粉症の症状の1つ、大粒の涙が出るため目の周りの色素沈着や
目やにが出やすくなることもあります。
また、眼の周りの毛が抜け落ちたり、眼の周りの皮膚が赤くただれる発疹や
外耳炎などが起こることもあります。


目が痒いの

花粉アレルギーを起こすものとしては、スギ、ヒノキ、ブタクサ、アシなど。
この辺は人も同じように痒みなどの症状が出やすいです。



それって本当に犬の花粉症?注意したい点は?


季節的に体を擦り付けたり、涙目や皮膚炎になったからと言って花粉症とは限りません。
まずは、花粉によるアレルギーなのか、ノミやダニの影響なのかを病院で調べてみましょう。
別の病気の可能性があるのかも?これも見過ごせません。



もし花粉のアレルギーであれば近所の散歩から帰ったときに、
犬の毛をさっと濡れたタオルで拭いてあげたり
人の花粉症対策と同じように花粉を払って家に入りましょう。


部屋にはなるべく持ち込まないように。
自分の衣服の花粉も落として、部屋の中に空気清浄機を置くことも考えましょう。



犬の花粉症には何が処方されるの?

病院で犬が花粉アレルギーと判断された場合に病院では薬を処方されます。


人の花粉症にはヒスタミンが用いられますが、
犬にはステロイドを使うことが多いとのことです。
なぜなら、ヒスタミンは犬には通用しないのです。
他に変わる薬がステロイドしかないのです。


しかし、ステロイドは長期間の使用をすると副作用が心配されますね。
なるべく炎症がひどいときだけなど短期間の使用にが望ましいものです。


または、犬専用のサプリメントでアレルギーを緩和してみることもおすすめです。



犬専用のアレルギー補助サプリメントとは?


犬用季節性アレルギー緩和チュワブル
Vet’s Bestの犬用季節性アレルギー緩和チュワブルは、
犬の季節性によるアレルギー症状を緩和するためのサプリメントです。


犬の正常なヒスタミン水準値の維持をサポートし、
花粉などが原因による皮膚疾患に働きかけてくれます。


ステロイドのような長期使用による副作用の心配もなく
大型犬や1歳以上の小型犬にも使用することができます。
イラクサやシソの葉、ケルセチン、シトラスの成分を配合しています。


>>【Vet’s+Best】
犬用季節性アレルギー緩和チュワブルはこちら<<





おすすめ記事
>>耳がスッキリする(ヤマト便)ザイマックスオティックの話