動物用シャンプーの成分が気になる | ハートガードプラスフィラリア予防レボリューションノミダニ駆除効果比較

動物用シャンプーの成分が気になる

2014.7.23|犬猫用シャンプー 未分類


犬のお風呂
ペットの体をシャンプーするときは
何を使っていますか?


ペットシャンプーの製品は、
ほとんどが人間用をアレンジしたものになるそうです。


犬の肌は、人と違ってデリケートです。
シャンプーの成分によっては刺激が強いこともあります。


合わないシャンプーを使うと
犬もフケが出たり、痒みがでたりして大変なのです。


わたしの知り合いは、
人間用のものを薄めて使っていると言っていました。
ベビー用の刺激の少ないものです。


もし、あなたのワンちゃんがシャンプーをするときに
抜け毛の季節でもないのに毛がごっそり抜けてしまっている。
シャンプーの後には痒がって湿疹が出ている。


そんな状態がわりと続くようなら、
シャンプーを変えてみるのもイイですよ。


市販の犬用シャンプーによっては
成分表示がないものも多いです。
なんでかしら?


何が入っているのかわからない上に、
自分も手荒れをしてしまったら嫌ですよね(・_・;)


シャンプーが合わないと皮膚炎などにも
なりますので注意が必要です。


わたしも、自分に合わないシャンプーを使ったようで
大きなフケがたくさん出ていた時があります(汗)

濯いでも痒くって・・・_| ̄|○



あとはすすぐ時のお湯の温度に気をつけていますか?


犬の場合は人間と違って、ぬるま湯または水をつかうことです。
人と同じにしてしまうと低温やけどの状態になってしまうそうですよ^^;


なのでお湯を使う特は35度位の低めの温度のほうが良いです。


低刺激で犬猫兼用のものならエピスースシャンプーがお勧めです。


>>犬猫用低刺激シャンプーはこちら<<


関連記事
犬猫用シャンプーの評判はこちら