ペットの保険は入ったほうが良いの? | ハートガードプラスフィラリア予防レボリューションノミダニ駆除効果比較

ペットの保険は入ったほうが良いの?

2017.9.17|犬の病気や健康 未分類


ペットのための医療保険ペッツベストの資料請求はこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓




ペットの保険に入っておけばよかったな・・・。
そう思ってしまうのは大切な家族でもあるペットが病気になってしまったとき。それ以外では必要ないと感じてしまうためどうしようかと
悩みますよね。もちろん、「ペットが病気になってしまったときペット保険に入っていれば助かるんだろうなぁ」、と思っていても、いつどのタイミングで保険に入れば良いのかわからないし、どんな保険に入れば良いのかがわからないという意見も多いものです。


ペットが若い年齢のうちは病気になるなんて考えられないことから、保険に未加入の人も多いものです。また、どの保険に入っていたら良いのかという話をする人もあまりいないのが実情ですよね。
しかし、病気や怪我はペットの年令に関係なく不運なことに突然起こってしまうものですよね。あなただって自分の家族が一生涯のうち大きな病気や怪我をしてほしいとは思わないはずです。


動物は、体の調子が悪くても本能的に元気なふりをしてしまうものです。病気で弱っているのを知られると敵に襲われてしまうからといった話を聞いたことがあると思います。しかし、飼われているペットは飼い主さんであるあなたが悲しまないように元気なふりを続けてしまうこともあるのです。なので細かな変化は飼い主さんが感じ取ってあげることが一番大切なのです。



ポメラニアンのブラックタンを飼っている友人の話です。

小さな姿に一目ぼれしてお家に迎え入れてから、しつけをしたり、いたずらをして怒るとガクブルで物陰にわんこは隠れていたそうです。それでも毎日が楽しかったようです。


でも、わんこは5歳になってからだんだんと体調がおかしくなっていたのでした。動物病院で検査入院をしてもらうちと、悪性リンパ腫との診断でした。あんなに元気だったのに余命宣告をされてしまう状態になってしまいました。
リンパ腫・・・ガンのことですね。ガンといえば、殆どが治らないといわれている病気です。


一刻の猶予もなく迫られる命の選択に友人は・・・。

命の選択
犬や猫の場合、身体が小さい分細胞分裂の速度が早いのです。その分老化も人間と比べたら早いし、癌の進行も早いのです。癌の種類によっては生存率が低いことや、長期の治療も考えなくてはなりません。


毎日の疲れを癒やしてくれるワンコ。一緒にベットに入ったり、散歩に出かけたり、沢山の楽しいことや悲しい思い出があります。どんな時もワンコはそばに居てくれたのです。そんなワンコがまさかの悪性リンパ腫に・・・。そばで内容を聞いていたわたしも診断結果は信じられませんでした。


ガンの進行状況によっては抗がん剤の治療を受けさせるのか、安楽死をさせるのか・・・そんな2択を迫られる場合もあります。
余命二ヶ月、生かすか、殺すか、究極の選択と言っても過言ではない選択を突然に迫られてしまうのです。


ある程度の話は獣医さんから聞いていたようですが、このままでは二ヶ月から半年も経たずに死んでしまう・・・。
安楽死か、長く続くであろう治療か・・・友人は一つの選択をしました。



時間の流れ

現在、友人のワンコは抗がん剤の治療を受けています。抗がん剤投与後はやはり体調もすぐれない日もあるとのことです。また、治療費は実費なのでかなり高いようですが、ワンコがいてくれることはまだまだ幸せなようです。

「明後日は、抗がん剤の治療があるから早く帰るからね。」
そんなふうに言っています。



いつ、自分の大事なワンコが病気になるのかなんて誰も知ることが出来ません。大きな病気じゃなくっても怪我をすることもあります。
急にいなくなるかもしれないという現実を突きつけられたときに、治療はしてあげたいものです。そのためにも保険は入っていたほうがイイといえるでしょう。


ペットの保険の資料請求はこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓