フィラリア予防薬を使って最悪の場合副作用は何が起こるの? | ハートガードプラスフィラリア予防レボリューションノミダニ駆除効果比較

フィラリア予防薬を使って最悪の場合副作用は何が起こるの?

2016.11.16|犬フィラリア予防 ハートガードプラス 未分類


2013-10-05 08.20.55 アップ犬
フィラリア予防薬は、愛犬に与え食べやすいように固形状の形をしているハートガードプラスや
肩甲骨の間に垂らして使うレボリューション、ストロングホールドなどの液体タイプの予防薬があります。


また病院では、注射を打つ場合もあると思います。
体に負担がかかるという意見もありますが、フィラリア予防のプロハート注射の場合、
副作用は混合ワクチンよりも少ないくらいとのことです。


しかし、注射か、食べさせるタイプにするのか?
背中の肩甲骨の間に垂らすタイプにするのか?
飼い主としては悩みどころですよね。
副作用の心配をしているとしたら。



知らなかった!予防注射に副作用があるの?

最初に犬を飼い始めた時は知らないことも多いもので、
「フィラリア予防に」と勧められた注射をした飼い主さんもいると思います。


でもそのあとで、副作用が出ることがあると知ったら、


え!予防注射に危険性があるの?


となりますよね?


また、注射による副作用がよく知られるようになったのは
ここ数年のことだと思います。
インターネットが盛んになるまでは、ワクチンや予防薬に
副作用が出るということはあまり知られていませんでした。


副作用と言っても、注射を受けたら必ずそうなるというものではありません。
しかし、副作用と聞いてしまうと心配になってしまいますよね。


それまでは実際に自分が病院へ連れて行ったときには、
予防方法は注射しかありませんでしたから。


混合の予防注射が最初だったかもしれませんが、それ以来
病院が大っ嫌いの注射恐怖症になりました。


注射を打たれた場所がかなり痛いので暴れてしまうくらいで、
体調不良になったり痙攣するなどの症状はありませんでした。
それまでは、予防注射の時期は犬が注射恐怖症を発生させていました。
副作用とみられるような症状はありませんでした。


犬のフィラリア予防薬を使うと、どんな副作用が出る?

副作用で出たとされる症状は

食欲不振
嘔吐
下痢
元気がない
歩行困難
痙攣など



もちろん軽度なものから重症なものまであります。
犬の健康状態によって重症な場合は、
最悪の事態が起こってしまうこともあります。


フィラリアの予防は不要なものとして、全く予防をしないのも心配だし
薬を使ってみて副作用が出るかもしれない・・・
というのは、うーん。困ったものです。

images


注射の副作用が怖い!そんなときは、どうしたら良い?


いまでは、注射よりも体に負担が少なくて副作用の少ない予防薬のほうが主流で多いくらいです。
食べるタイプや、背中に垂らす予防薬も海外では多く市販されています。


もし、注射意外の方法があると知っていたら


(他の方法もあったんだぁ・・・。しらなかった・・・。)
(知ってたら選んだのに・・・。)



と、ワンコの病院恐怖症も出なかったでしょうね。


今ではフィラリアの予防薬は、食べさせるタイプにしています。
それがこちらのハートガードです。
小型犬用から大型犬用まであります。


>>ハートガードプラスはこちら<<


ハートガードプラスは食べさせるタイプのお薬で、
毎月1回与えることで、フィラリアの感染症から守ってくれます。
春先には病院で、フィラリアの陰性検査をすることが大事です。


陰性検査を怠って、予防薬を投与した場合に、
フィラリア症になっていた場合、最悪フィラリアの幼虫が血管内につmって死んでしまうからです。


なので、投与前には検査を必ず行うか、一年中フィラリアの予防薬を使うことです。


>>ハートガードプラスはこちら<<