デング熱の予防法は? | ハートガードプラスフィラリア予防レボリューションノミダニ駆除効果比較

デング熱の予防法は?

2014.9.4|その他・薬など お役立ちアイテム 未分類


代々木公園に感染源の蚊がどうやって現れたのかはわかっていませんが


デング熱を予防するには蚊に刺されないようにするしかありません。(ーー;


特に菌を媒介するのがヒトスジシマカと言われている
茂みなどに多いヤブ蚊です。




デング熱の菌を保有したヒトスジシマカに刺されて
デング熱が発症するまでの潜伏期間は約一週間ほどあるそうです。


ニュースでも専門の方が言っていますので

草木が多い場所へ行くときは虫除けが必要ですね。

その虫除けの薬も日焼け止めのように数時間起きに塗り直すことです。



日焼け止めを塗ってから、虫除けを使うこと。

虫除けを塗ってから日焼け止めを使うと、虫除けの効果は減ってしまうと言っていました。


蚊に刺されてしまうと腫れて痒くなります。
だからといって掻きむしりたくありません(^_^;)


なので日焼け止めを塗ってから、虫除けを使いましょう。


虫除けスプレーは化学物質を含んでいるので使いたくないと思う場合は

ハッカ油など虫が嫌いなミント系の香りを使いましょう。
ハッカ油は薬局などで数百円で売っています。


アロマの本を参考にして、グリセリンと、
精製水を混ぜて虫除けスプレーを作ってみるといいですよ。


そして飛んでいる蚊を自動的に集めて取ってしまう
蚊の除去方法はこちらの記事にまとめてあります。
効果はあるのか分かりませんけど。
海外の蚊が恐ろしいほど飛んでいるところでは蚊が取れるそうです。


>>>蚊の除去方法記事はこちら<<<


熱帯地域ではデング熱やマラリア原虫による死者が多いとのことで
蚊取りペットボトルが作られ多くの人の命が助かっているそうです。


日本では約70年ぶりのデング熱感染報告とのことです。


まだこの騒ぎはしばらく収まらないと思いますが、
普段から蚊を発生させない努力も必要ですね。


蚊が少なければ刺されることや伝染病を恐れることも減りますよね。


蚊が産卵して繁殖してしまわないようにするには?

  • 鉢植えなどの受け皿に水を溜めないようにする。
  • 雨水などの排水の流れを良くする


  • 植木 ガーデニング

    水辺が一番の蚊の産卵、発生場所となります。


    蚊の寿命は短いのと消毒をしたので、
    デング熱の菌を保有した蚊はもういないと考えられています。


    1匹の蚊が何度もすぐに人を刺すことは無いと言われていますが
    一度吸血をしたメスの蚊は卵を産んでから2~3日で再び血を吸うそうです。


    卵を産むためだけに血を吸っています。
    考えただけでもかゆい(^_^;)


    しかも蚊の季節はまだまだ続くんです。


    気温が15度以下になれば活動しなくなると言われています。

    蚊に刺されることでペットも感染症などの
    病気になっては困るので予防薬が必要ですね。


    >>ペットの予防薬通販ならこちら<<