ダニマニアと言う本を借りて読みました。 | ハートガードプラスフィラリア予防レボリューションノミダニ駆除効果比較

ダニマニアと言う本を借りて読みました。

2017.9.11|ノミ・ダニ予防薬 未分類


ダニマニアの本 ダニマニア 著・島野智之
チーズを作るダニから巨大ダニまで


巨大なダニ?(´・ω・`)?


びっくりするぐらい、巨大なダニが表紙の本です。
自宅付近にある図書館で見つけたので読んでみることに。


目次もダニについてびっしりと書かれています。
ダニについて・・・あまり考えたことはありません。
ダニといえば、厄介者で、アレルゲンで、人も刺すので痒みや腫れの元です。
先に言っておきますが、わたしはダニについてあまり良い印象は持っていません。( ・´ー・`)


ダニマニア目次

ダニマニアの本 目次



しかしながら、このダニマニアを読んでみると意外と面白いのはなぜでしょうか?ダニの世界ってこんなに面白いんだ!!へぇええ~!と驚く内容が多かったです。
あんなに小さいダニが、実は大きな仕事をしていたなんて知りませんでした。ダニは小さい生物ですが大きな世界で活躍をしていたのですね。


それを伝えてくれた筆者の島野さんは大のダニ好きなのだそうです。
実は、ダニにもいいやつと悪いやつがいて、一部の悪いダニのせいで全部のダニが嫌われるほどの嫌悪感を抱かれているのは悲しいことだといいます。


あなたは知っていましたか?
日本には約1800種ものダニがいるそうです。そして全体の1%、20種類ほどのダニが人や動物を刺したりするそうです。(それが嫌なんですけども(;”∀”)
島野さんによれば、人を刺すような一部のダニは嫌われていますが、ほとんどのダニは人畜無害で森など人目につかないところに住み一生を終えるのです。信じられないかもしれませんが、ほとんどのダニは分解者として自然の生活をしているので悪いダニではないというのです。


日本では、人を刺すダニも、刺さないダニもまとめてダニといいます。
海外では、人を刺すダニと刺さないダニの呼び方は違います。


マダニのような人を刺すような悪いダニはtick
それ以外のダニはmite
英語ではしっかりと呼び方が違うのですね~。こんなところも初耳学です。はじめてのダニ素人でも読みやすいです。


約1800種のうち家で見るのはほんの数種類です。主に自宅で見るのはツメダニやヒョウヒダニと言われていますよね。どちらもアレルゲンと言われているので好きにはなれそうもありません。(笑)しっかり掃除機はかけることにします。
虫よけなどの忌避剤でも、蚊、ノミ、イエダニ、マダニ、ぶよ(ぶゆ)、サシバエ、トコジラミ、アブの忌避と書かれています。でも、蚊以外の虫では実物をじっくり見たという記憶はほとんどありません。ペットについた蚤ぐらいでしょうか。


「コナダニ、ツメダニ、いったいどんな姿なの?」
例え、ダニに詳しい方にそう聞かれたとしても小さすぎてダニをよく見たことはありませんのでその違いはよく分かりませんでした。なんか小さな点みたいなので本とかの上で動いているやつ・・・。足が何本あるとか、顔や胴体がどのようになっているのかなんて観察をしたこともありません。
その前に、そんなダニたちをつぶさに観察している人たちがいることも知らなかったわけです。


また、ベランダや壁によじ登って来る小さな赤い虫はダニの一種なのだそうです。蜘蛛に似たよくわからない虫だと思っていました。
実際人間に危害を与えるようなことはなく、花粉を食べて生活をしているのだそうです。(本当に初耳だらけなのです。)うじゃうじゃと湧いて出てくるので、シュシュ―っと殺虫剤を数回使ったと思いますが・・・。その年だけだと思うのですが、赤いダニはいなくなることはなかったですね。


ダニマニアの前半は良いダニ悪いダニについて触れているのでじっくりと読んでみるとおもしろい発見が盛りだくさんあります。
こんな違いがあるんだ!なんでかぐいぐいとダニマニアワールドに引き込まれる感じです。(笑)ダニの世界って意外と面白いんですって。アマゾンでも星が5個か4個なのです。評価が高い内容です。


あんなに小さな虫でも嫌いって・・・、相当毛嫌いをしていたのだと本書を読んでダニに対しての嫌いが少し外れたように思います。ダニに対しての嫌いが少しは緩んだように思います。


だからと言って虫よけは使わないわけにはいきません。むやみやたらに使わずに、嫌なマダニや、血を吸うダニに避けは使うことにします。
今日見ていたのはプラクティック。ノミ・マダニよけのお薬です。約6週間ノミ・マダニ避けとして活躍してくれるそうです。
ノミもマダニも秋が本番だと思っていますので、しっかりと予防をしたほうが良さそうです。


>>プラクティック犬用はこちら<<




関連記事はこちら
命を奪うマダニ感染症 ペットも野生動物も危険!?マダニから身を守るには?


ノミ・マダニ駆除にアムフリーコンボがおすすめな理由