ダックスフンドはこんな病気にかかりやすい!? | ハートガードプラスフィラリア予防レボリューションノミダニ駆除効果比較

ダックスフンドはこんな病気にかかりやすい!?

2017.6.27|犬の病気や健康 ダックスフンド オンシオール 関節炎・鎮痛剤

このエントリーをに追加

ダックスフンドの原産地はドイツと言われています。(知りませんでした。)
体重はスタンダードで9~12kgほどになります。
ミニチュアダックスになると半分以下の重さ4.5~4.8kgです。

かかりやすい病気は腰痛ですって(*´∀`;)

どうして腰痛になりやすいのかというと、

胴体が長いからくて、そして足も短いから。
(これって人に言ったら怒られちゃうわ。言ったらいけませんよ。)


短い脚なので、関節部分に歩いたときの振動が伝わりやすいのだと考えられます。
また胴が長い分重さがあります。すると、それぞれの足にかかる体重の負担が多くなりますので老犬になってくると足にも負担が着やすいのでしょうね。

ダックスフンドは胴体が長く足が短い犬種です。おもに足や腰に負担がかかりやすいと言われています。
最悪の場合、椎間板ヘルニアになってしまうこともあるので太らせないように食事には気をつけるようにしましょう。



あとは、背中に負担がかからないように高い場所からのジャンプはさせないほうが良いとのことです。
やはりアンヨが短いので腰に衝撃が行ってしまうのでしょうね・・・。


運動と食事のバランスを良くしてメタボリックシンドローム(肥満)にならないようにしましょう。
犬も太ってしまうと病気になりやすいですよ。


ということで散歩は必要ですね。餌の分量はちゃんとはかることが大事です。
また、7歳以上の中年犬になったらシニア犬用のフードに徐々に切り替えることで、食事のエネルギーを減らすことが出来ます。成犬用だとエネルギー量(カロリー)が高いので肥満になりやすいと言えそうですね。


愛犬の関節疾患の予防や炎症を抑えるのに必要なものといえば?



もしも、老犬になってしまったとき、足の関節炎になってしまったときには、関節の炎症を抑えてくれるオンシオールというお薬があります。ヘルニアや関節炎の常備薬として準備される飼い主さんもいらっしゃいます。関節炎が悪化すると痛くて仕方が亡くなるためワンコは立って歩くこともできにくくなってしまいます。そのためオンシオールを必要としているワンコもいます。

>>オンシオール10mg小型犬用はこちら<<

また関節炎予防のために、グルコサミンやコンドロイチンの入ったサプリメントを与えるのも、わんこの足を大切にしてあげるのにはもってこいですね。


グリコフレックスプラスは、おやつタイプのサプリメントなので与えやすくていいですよ。一日のおやつ代わりに与えることで関節が丈夫になることが期待されています。臨床試験でも良い結果が出ているそうです。

>>[VetriScience]グリコフレックスプラス小型犬用はこちら<<



あわせて読みたい記事はこちら
オンシオールが最安値?動物病院よりも安いのは本当?

フィラリアハートガード

うさパラは最安値

コメント一覧