クラビット点眼薬(CravitOphthalmicSolution)0.5%口コミ評判レビュー | ハートガードプラスフィラリア予防レボリューションノミダニ駆除効果比較

クラビット点眼薬(CravitOphthalmicSolution)0.5%の口コミと評判

2016.10.6|目薬・点眼薬 お役立ちアイテム 未分類

このエントリーをに追加

病院で処方されたクラビット点眼薬(CravitOphthalmicSolution)0.5%は
どんな目薬なのかを調べてみました。


HI3H0355 見上げている犬
実は最近、飼い犬に目の炎症が出て、病院へ行ってきたところなのです。


毎回思うことなのですが、
病院などで処方されても何の薬なのか
名前以外はわからないものってありますよね。


その場で先生に聞いてみて簡単に説明をされても
実はあまり内容を覚えていなかったりします。


使い方も書いてなかったら覚えていないかもしれません。


どうも、カタカナ言葉って意味が覚えにくかったり、
説明されてもカタカナ言葉がたくさん出てくるので
なかなか覚えられないものなのです。
物覚えがよくても、普段使わないものは覚えようがないと思います。


なので、パソコンの前に座って検索して調べてみました。
調べる、検索


クラビット点眼薬とはどういうもの?
幅広い菌をやっつけることができる抗菌作用と、
強い抗菌活性を持っているので、様々な種類の
細菌による外眼部感染症に使われています。


結膜炎、ものもらい、眼瞼炎、角膜炎など
細菌性のものに使われています。


・クラビット点眼薬は抗菌作用に優れている
・結膜炎治療に使われている
・ものもらいの治療に
・眼科手術前後の感染予防に



クラビット点眼薬を使用したときに注意すること

開封後は30日以内に使うこと。
余った場合は捨てた方がいい。
なぜかと言うと、開封した時点で容器の中の液体が空気に触れてしまうので
バイキンが増えると言われています。


大体1ヶ月を目安に使い切りましょう。
そうしないと一体いつの目薬なのかが分かりませんよね。


自分の目薬も、一体いつ開封したものなのか
わからない目薬が鞄から出てくることがあります。
ドライアイや、疲れ目用ですが。
そういったものも思い切って捨てたほうが良さそうですね。


ペットの結膜炎にも使われているクラビット点眼薬
レビューを見てみるのもいいですよ。

>>クラビット点眼薬0.5%の口コミやレビューはこちら<<