オーラティーンデンタルジェルは病院でもおすすめ | ハートガードプラスフィラリア予防レボリューションノミダニ駆除効果比較

オーラティーンデンタルジェルは病院でもおすすめ

2017.9.23|オーラティーンデンタルジェル お役立ちアイテム



最近ペットの口が臭い・・・
何か変なにおいがする・・・
生臭いかも・・・


そのにおいあなたの気のせいではないかもしれません。
犬や猫が3歳以上になったころには、80%以上は歯周病になってしまっているという統計があるそうです。
歯周病になってしまうと口臭や、歯茎のはれ、歯のぐらつきなどを起こすことがあります。口のにおいや粘着き以外にも下記のような症状があります。



歯肉が赤く腫れている。(健康的な歯肉はピンク色で引き締まっている)
歯肉が痛痒くなるため、かたい物を噛みにくくくなる。
歯茎が下がってしまうので歯が長くなったような気がする。
前歯が出っ歯になったり、歯と歯の間に隙間ができる。隙間に食物が挟まりやすくなる。



また歯周病が原因で、歯茎のはれ以外にも歯を支えている骨が溶けてしまうなどそのほかの病気にもかかりやすくなってしまうというリスクがあります。


そのため、歯周病予防のために適度な歯磨きや、歯のケアが必要となります。


歯周病は、昔は不治の病とさえ言われていました。
しかし、現在では歯周病は予防も治療も可能となっています。


ですが、動物の場合の治療は別です。簡単に治療はできません。まず、歯周病の原因とも言われている歯石をきれいに除去するのにも全身麻酔をかけて行わなければならない場合があります。また、歯周病が悪化してしまった場合には歯を抜く治療を行う必要があります。人間だったら簡単に抜歯を行うことはできますが、動物の場合はそう簡単にはいきません。

全身麻酔をした上に命の危険にまでさらされてしまいます。



大切なのは歯周病にならないように、予防や定期的な診断を受けて歯のメンテナンスを怠らないことです。
毎日、歯の表面を歯垢のない清潔な状態にしておく事が何より大切なことです。


歯周病を予防するには?
歯肉の隙間にまで入っている歯石を完全に取り除くことや、さらに歯と歯茎の表面を滑らかにして炎症を引き起こす細菌を徹底的に除去する必要があります。


オーラティーンデンタルジェル(Oratene Antiseptic Oral Gel)は、動物病院でもすすめられている犬猫用の歯磨きジェルです。お口の中の歯垢が出来やすくなるのを防いでくれます。


使い方は簡単で、なめとってもらうことでお口の中にジェルが入ります。お口の中に入ったジェルが思考をつきにくくしてくれます。
口の周りや、ペットの手などなめとりやすいところに適量を塗ります。
大体のペットは舐めてくれるようです。



いまなら期間限定のポイントプレゼントクーポンが付いています。
ちょっと高いな・・・と思っていたので嬉しいお知らせなのです。


↓↓↓クーポンはこちら↓↓↓
  RESRY7F6

200ポイントクーポンコードをコピペしてお会計時に貼り付けるだけです。


【商品購入時のクーポンご利用方法】

1.クーポンは、うさパラ会員限定です。うさパラサイトにアクセスし、会員ログインまたは新規会員登録後、ログインします。
2.ログインした状態で、クーポンコードが発行されている対象商品をカートに入れます。
3.注文内容確認画面のクーポンコード入力欄に、クーポンコードを入力し、『適用』ボタンを押します。
自動的にプレゼントポイントが付与されます。




↓↓↓クーポンはこちら↓↓↓
  RESRY7F6


ご利用期間:2017/9/1(金) 〜 11/30(木)
ご利用条件:うさパラ会員限定、お一人様一回のみご利用いただけます

>>オーラティーンデンタルジェルはこちら<<




関連記事はこちら
取りにくい犬の歯石除去をするには?


リーバスリーで犬の歯石を除去