インターセプタースペクトラムの副作用とは? | ハートガードプラスフィラリア予防レボリューションノミダニ駆除効果比較

インターセプタースペクトラムの副作用とは?

2017.11.16|インターセプタースペクトラム 未分類


インターセプタースペクトラム

インターセプタースペクトラムは、犬のフィラリアの寄生を予防してくれるお薬です。
そして犬回虫、犬鉤虫、犬鞭虫、サナダムシも体内から駆除してくれるお薬なのです。


ミルベマイシンオキシムと、プラジクアンテルという2つの成分が寄生虫に対して
強力に働きかけます。インターセプタースペクトラムは、毎月一回与える予防薬です。


春から冬にかけて気になる寄生虫の代表を駆除してくれるのです。
蚊に刺されて感染してしまうというフィラリアや、原っぱや公園などで
寄生虫の卵が口に入り孵化してしまうといった心配がなくなるのです。


寄生虫が体内に入ってしまうと、ゆっくりと体調を崩すような症状が出てくる場合があります。


フィラリアの場合は、ミクロフィラリアと呼ばれる小さな原虫が、血管内に入り込みます。
血管内に入り込んだミクロフィラリアは血管の中を移動しながら成長していきます。
成長して成虫になるとフィラリアという糸状の成虫になります。この成虫は犬の心臓で繁殖を繰り返していきます。
そうすると血管内のフィラリアが増えて血流が悪くなります。


血流が悪くなることで、酸素などの養分が身体の隅々に運ばれることが少なくなります。
栄養や酸素が足りなくなると身体は悲鳴を上げてしまいます。
酸素や栄養が行き着かなくなると、身体は病気を創り出してしまいます。
フィラリア症による、お腹に水が貯まる腹水や下痢、嘔吐、貧血などです。


そうなってしまうと、咳き込んだりよだれを垂らしたりするようになってしまうそです。


また、犬回虫などの寄生虫が感染した場合にも、小腸や大腸で寄生虫が繁殖をするために卵を産み付けます。
その卵を産むために、犬の体から養分を吸い取ってしまうので、犬は栄養不足になり病気がちになってしまうのです。
それを防ぐことが出来るのがインターセプタースペクトラムの予防薬なのです。


毎月一回、与えるだけでフィラリア症を誘発するミクロフィラリアを駆除し、
犬回虫などの迷惑な内部寄生虫を駆除してくれるのです。


インターセプタースペクトラムの特徴は、犬が食べやすいチュアブルのお薬になります。
普通の錠剤だと犬は遠慮して食べないことがあります。
しかし、犬の嗜好性を考慮したチュアブルはストレスを感じること無く犬に与えることが出来るのです。


しかも、インターセプタースペクトラムは通販でも購入が可能なため、
フィラリアの検査を行っているわんちゃんには与えることが出来るのです。


>>インターセプタースペクトラムはこちら<<




あわせて読みたい記事はこちら
インターセプタースペクトラムチュアブルは通販がおすすめな理由