アムフリーコンボはフロントラインのジェネリック | ハートガードプラスフィラリア予防レボリューションノミダニ駆除効果比較

アムフリーコンボはフロントラインのジェネリック

2017.9.6|アムフリーコンボ ノミ・ダニ予防薬


便秘といえば、ピンクの小粒コーラック♪
この薬わたしは飲んだことはありませんが母が昔飲んでいました。

コーラック、ビューラック
この便秘薬にもジェネリックがあるのをしっていますか?
その名も、ピンクの箱のビューラック
似ている名前ですよね( ・∀・)


この便秘薬、日本よりも海外では人気が高く売れているそうです。韓国や中国で人気なのだとか。
ビューラックはジェネリックなのに、コーラックよりも有名になってしまったために売れているそうです。
きっと、コーラックの方が類似薬だと思われているのかも知れませんね。


ところで、日本では新しいジェネリックが浸透するまでには時間がかかるように感じます。
最初は、調剤薬局で風邪薬などのジェネリックの説明を受けても「???」はてなの嵐でした。


ジェネリック=後発薬
というのがピンと来なかったのです。


説明を受けても、処方される薬の金額が安くなるぐらいで違いがあまりわからなかったものです。
簡単に説明すると、ジェネリックは薬の製法や特許の使用期限を過ぎたものです。
なので、どこの製薬会社が同じ成分でジェネリックを作っても良いわけです。似たような名前が紛らわしいですけれど。
ジェネリックのPB商品(プライベートブランド)がドラックストアごとにあったりします。


そんな感じで、蚤取りやマダニ避けの薬にもジェネリックが出ていますね。
製薬会社が違っても同じ用途のお薬になるので、蚤取りやマダニ避けに適しているのです。


個人輸入を利用する場合、ジェネリックも人気だと品薄になることがあります。本家本元のフロントラインが手に入らないときや、値段が高く感じてしまうときにジェネリックはおすすめです。


私の場合は、予防薬にはジェネリックを利用することが多いです。
なぜなら、仕事が変わって収入に変動があったからです。今までと同じようにお金を使うことはできません。自分の保険も見直して、他にも節約して、ペットの予防薬も見直した結果なのです。


ジェネリックの予防薬を使ってみてわかったことと言えば、アムフリーコンボはフロントラインと比べてみて、それほどの違いは無かったということです。何が違うのなんてまるで感じませんでした。
散歩に行っても、草むら近くを通っても心配していたようなマダニもノミも着くことはなかったのです。きれいに落としてくれていたのでしょうね。
わたしは、アムフリーコンボを使ってみてよかったと思います。


>>アムフリーコンボシリーズはこちらから<<




よく読まれている記事はこちら
アムフリーコンボ


アムフリーコンボとフロントラインプラスの価格と成分を比較してみました2


命を奪うマダニ感染症 ペットも野生動物も危険!?マダニから身を守るには?


コメント一覧